Vue.js

スポンサーリンク
Vue.js

Vue.jsでできること

Vue.jsは、モダンなWebアプリケーション開発のためのフレームワークで、多くの機能を提供します。以下に、Vue.jsでできる主なことを挙げてみます: リアクティブなデータバインディング: Vue.jsは、データとUIを自動的に同期させる...
Vue.js

Vue.jsで単一ファイルコンポーネントを実装する

単一ファイルコンポーネント(Single File Component、SFC)は、Vue.jsでコンポーネントを作成する際の推奨される方法の1つです。この方法では、HTMLテンプレート、JavaScriptロジック、CSSスタイルを1つの...
Vue.js

Vue.jsのnextTickと非同期処理の違いについて

Vue.jsのnextTickを使用する際にしばしば非同期処理との違いついて考えることがあると思います。 そのため、以下でそれぞれの違いをまとめています nextTick: nextTickは、Vue.jsがDOMを更新した後にコードを実行...
Vue.js

Vue.jsで値の更新がされないときにnextTickで解決する

次の例では、Vue.jsのnextTickを使用していない場合と使用した場合の違いを示します。 使用しない場合: new Vue({ el: '#app', data: { message: 'Hello' }, methods: { ch...
Vue.js

Vue.jsのnextTickについて小学生でもわかるように解説

Vue.jsのnextTickは、ゲームで遊んでいるときに使う指示書のようなものです。例えば、絵を描くゲームをしていて、「円を描き終わったら、描いた円の数を数えてね」というルールがあるとします。 次に、Vue.jsのnextTickと関連付...
Vue.js

Vue.jsのcreatedメソッドを使用したコード例

Vue.jsのcreatedメソッドを使用したコード例です。createdメソッドは、Vue インスタンスが作成された直後に呼び出されます。 <template> <div> <p>{{ message }}</p> </div> </te...
Vue.js

JavaScriptで書かれたモーダルウィンドウをVue.jsに書き換える

Vue.js不使用 <!DOCTYPE html> <html lang="en"> <head> <meta charset="UTF-8"> <meta name="viewport" content="width=device-wid...
Vue.js

Vue.jsのcreatedについて

Vue.jsのcreatedライフサイクルフックは、Vue インスタンスが作成された直後に呼び出されるメソッドです。以下に、createdに関する5つのポイントを解説します。 Vue インスタンスの作成後に実行: createdメソッドは、...
Vue.js

Vue.jsを使用してモーダルウィンドウを表示する

App.vue <template> <div> <button @click="openModal">Open Modal</button> <!-- モーダルウィンドウ --> <div v-if="isModalOpen" class...
Vue.js

prevent修飾子について

Vue.jsのprevent修飾子について解説しています
スポンサーリンク